TOP PAGE > 不動産鑑定の鑑定評価について   |      はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク この記事をLivedoorクリップにクリップ! Yahoo!ブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加



鑑定評価の方式

鑑定評価の方式には、価格を求める手法と賃料を求める手法に分類されます。
鑑定評価には、以下のような3つの手法があります。

  • 原価方式
  • 不動産の再調達に要する費用に着目して求めようとする方式
    価格:原価法(対象不動産の再調達原価から減価修正を行って価格を試算する手法。)
    賃料:精算法(対象不動産の基礎価格から必要諸経費などを加味して賃料を試算する手法。)
  • 取引事例比較方式
  • 過去に行われた実際の不動産取引の事例から価格を求めようとする方式。
    価格:取引事例比較法(近隣・類似地域における取引事例を基に価格を試算する手法。)
    賃料:多数の賃貸事例の中から適切なものを収集し、それに基づいて賃料を算出する手法。)
  • 収益還元方式
  • 対象不動産から生み出されるであろう収益から価格を求めようとする方式。
    価格:収益還元法(対象不動産が将来生み出すと期待される収益から価格を試算する手法。)
    賃料:収益分析法(対象不動産が将来生み出すと期待される収益から賃料を算出する手法。)