TOP PAGE > 不動産鑑定士について   |      はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク この記事をLivedoorクリップにクリップ! Yahoo!ブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加



不動産鑑定士の活躍の場

不動産鑑定士事務所

不動産鑑定士試験に合格した人の多くは、まず不動産鑑定事務所に就職します。
やはり不動産鑑定士試験に合格したからには不動産鑑定評価書を作成できたほうが いいと思う人が多いようです。
鑑定事務所は個人から大手までありますが、自分が目指す道に合わせて選ぶ必要があります。 例えば、外資系企業で投資の仕事がしたい場合には、証券化等の案件を多く取り扱っている 大手の方がいいと思いますが、実家が鑑定事務所で中小企業や個人相手の仕事が多い場合など は個人事務所の方がいいかもしれません。

金融機関

日本は不動産金融といわれるように融資の際に不動産を担保にとることが非常に多いため、 金融機関においても不動産鑑定士の専門知識が必要です。
信託銀行などでは不動産鑑定士資格を取得するための研修制度もあります。

不動産会社

不動産を取り扱う不動産会社では、土地活用や土地開発などのコンサルティング業務も 行っているため、不動産の専門的な知識を持つ人材が必要です。
大手の不動産会社では、自社で鑑定部門を持っている企業も多く、また、不動産鑑定士試験合格者 も鑑定だけではなく、土地仕入や不動産売買、コンサルティング等を幅広く行っている 大手不動産会社を就職先に選ぶ人も多く存在しています。

ディベロッパー

土地を仕入れて開発を行うディベロッパーにとっても不動産の専門的な知識が必要とされます。 どの位の価格で土地を仕入れて売却すれば開発利益はどの程度出るか等を考える上では不動産の専門知識が必要とされ 不動産鑑定士の活躍の場となっています。

保険会社の不動産部門

大手保険会社では不動産を運用している場合が多く、不動産の専門的な知識を有する人材が必要とされます。

商社

商社は、資産として多くの不動産を所有しており、不動産鑑定士の専門知識が必要とされます。
また不動産取引を行う場合にも、不動産を担保とするケースがあるため、 経理や管財などの部門でも不動産の専門知識が必要となります。
ただし、鑑定士試験に合格した直後に就職先として選ぶ人は少ないような気がします。




これらの他にも証券会社や公官庁、外資系企業の不動産投資部門等様々な場面において不動産の専門家である 不動産鑑定士の活躍の場があります。